スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合言葉はー!?

こんにちは。

20160106120629.jpg

浅希です。
いきなり出オチ感満載ですが、これはこれで良い物だったのですよ!









当ブログにて何度かひっそり話題にされている
伝説のMMO(個人的見解)
その名を

20160810001343.jpg

ヨーグルティング。

何なの、そのネーミングw
と皆さんお思いのことでしょう。
正直な話、私も
何でそのネーミングなの、と疑問を差し挟むことに異論がありません。
たぶん、正解はこの世界での体力回復アイテムが

20160811010610.jpg

牛乳なのと関係あると思います。
実装されませんでしたが、最終的には
ヨーグルトが最高体力回復アイテムだったのでは・・・と思ってますw
しかし牛乳にしろヨーグルトにしろ
ナニで体力回復してんだよ、という気はしますが・・・。










おっと、いきなり本題からずれたようです。
今回ご紹介致しますのが
こちらのヨーグルティングというMMOになります。
かつて韓国で作られ、日本ではGungHo(ガンホー)が
サービスを提供していたMMOですね。
ちなみに、既にサービス終了して久しいです。











簡単にどんなゲームなのかをご説明しましょう。
クリックゲーです。
PCのみで提供された、いわゆる一昔前のネトゲです。
当時の他のMMOと違っている、と私が思ったのは

・舞台が学校(!)
・フィールドにモンスターが登場しない(1がっき のみ)
・モンスターとの戦闘は特殊なインスタンスでのみ(エピソード内 1がっき のみ)
・武器は4種あり、それぞれに特徴があるが持ち替えのデメリットはない
 (驚くべきことにエピソード内での持ち替えも可能でした・・・!)

ざっとこんなところでしょうか。
それまではMMOを少しだけ覗いたことがあった程度の私が
なぜこれほどまでにこのゲームにハマったのか。
それには長い説明が必要です。













当時、オープンβテストが始まった頃でしょうか。
何かのきっかけで偶然ヨーグルティングの世界に降り立った私。
かつては3DのMMOがあまりなかった・・・
もしくは、私が手をつけていなかったので
世界はとても新鮮に映りました。

20160811012830.jpg

まだ、掲示板(だったかな)オークションでしたw
FF14で言うところの、いわゆるマケボがない状態で
かつ、武器の強化には敵がドロップするアイテムが必要でした。
(同属性の素材アイテムが100個も必要だったのです!)
ゆえに、人通りの多い校舎前などでは
これらの素材を売り買いする発言が、常時飛び交っていたものです。
(ちなみに、強化のアイテム名が「くれよん」や「色鉛筆」だったので
 「売:赤くれよん 100taff」というような発言でしたw)









初期はまだ、ソロで突入しても何とかクリアは出来たので
ソロ突入を数度繰り返し、素材を集め
くれよんなどに加工した上で
校舎前で叫ぶというのが私のルーチンでした。
ええ、ソロでしたw









ちなみにエピソードというのは
文字通り、ヨーグルティング内の物語を進めるコンテンツであり
同時に敵と戦える唯一の場でもありました。
FF14ではIDが該当しますね。
突入上限は8人だったかな。
特定のワープポイントから

20160810001446.jpg


どのエピソードに行きたいかを選択すると


20160810001551.jpg


このように一時的なルームと呼ばれるインスタンスに飛ばされます。
メンバーが集まったことを確認してからスタートをクリックすると


20160810001612.jpg


ダンジョン内に突入できる、というシステムでした。


20160810001708.jpg


ルームは鍵をかけることも可能だったので
身内だけで特定のエピソードを周回なんてのも簡単でした。











ひたすら、エピソードを周り、素材を集めて売っていた私に転機が訪れたのは
本当に偶然だったと思います。
でもMMOではその偶然こそが必然なのかもしれませんね。








うーん、案の定長くなってきたので、今日はここまでにしましょう。
続きはまた明日!
え、FFどーしたって?
やってますよ・・・?w

20160811012842.jpg

それでは皆さん
またお逢いしましょう!



スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。