スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マタンゴ、行き先は。


我輩はマタンゴ。

ffxiv_20160914_235929s.jpg

名前はマ・タンゴ。













タイタンサーバーにて家主のFCにお邪魔していたのだが
さりげなく階級を上げられ

ffxiv_20160918_011014s.jpg

「これは我輩、ずっとここにいるべきとのことかね?」
「喰われるまではどうぞ」

FCマスターにまでこういわれる始末。
ちなみにこのFC【メスッテ】マスターは

「あぁ~俺ゲテモノいけるから!」
「ゲテモノ生成しますもんね」
「おい!そこ!」

さりげなく元後輩に生態をバラされていたことを明記しておこう。







なにはともあれ、このままここにとどまるのは得策ではないだろう。
ガチで喰われる。








そして、旅に出ることを決意したのだが
さてはて、どこへ行くべきか・・・。
悩んだ末に、タイタンサーバーへ来た少女の家へ向かう他
行き先もないことに気が付いた。














そして我輩はあの少女にあうべく
サーバーを乗り越えて

ffxiv_20160912_223511s.jpg

グリダニアへ向けて走り続けて目的地へ到達したはずだったのだが
少女の家が、あるべき場所になく・・・
おかしい。
なぜだ・・・まさかハウスごと夜逃げでもしたと・・・
まさか・・・!!















SnapCrab_NoName_2016-9-25_23-38-56_No-00s.jpg

ご覧いただけるであろうか。
我輩が降り立ったサーバーは
ベリアスであった!!!

なんたることだ・・・。
我輩が麦藁帽子の子供の姉に寄生するはずが
逆に姉の方の迷子属性に寄生されているとは・・・!!


















改めて少女の家へ向かおうとするものの・・・
なんと、規制が掛かっていて我輩が降り立つことができないッ!!!

後日、改めて降り立つとそこにいたのは

ffxiv_20160915_232324s.jpg

ナイスガイであった。













何かこう・・・

ffxiv_20160915_232558s.jpg

通じ合うものを感じる。
このハイランダー・・・イイ!!



















ffxiv_20160915_233553s.jpg

まぁ・・・帰ってきたちんまいララフェルに
殺気を向けられているのに気をとられていたら

ffxiv_20160915_234221s.jpg

背後からも狙われていたようだが・・・
きっと心は通じ合っているはずだと信じてる。
うん、信じている・・・。
















ffxiv_20160915_234707s.jpg

なにやら妙なもののなかに放り込まれたりもしたが
ここは居心地がいい。
いいのだが・・・我輩が行くべきはここではないような
そんな気がするのだ・・・。


















我輩は、再び旅に出ることにする。
次は・・・次こそは・・・!
ウワサに名高いあのララフェルと邂逅することを願って・・・

ffxiv_20160915_234922s.jpg

我輩は、明日もどことも知れぬサーバーへ往く。




※マタンゴ、残念ながら明日はサーバーメンテで、どこへも行けないわよ・・・?
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。